北海道 行政書士会 函館支部

マスコットキャラクター
「たくまくん」

コラム

会員の行政書士によるコラムです。

「頌春…丙申年にあたって」支部長 小林 八重子

謹んで新年の寿ぎを申し上げます。会員の皆様には健やかに新年を迎えられたこととお喜び申し上げま す。 さて、昨年、永年に亘り、函館支部を牽引して下さった佐藤聰支部長がご勇退され、図らずも支部長に就任し8ケ月が経ちました。そ …

「今も現役の和文タイプライター」初代 東畑道之助(巴屋)(佐藤 聰)

私の事務所の機器コーナーには、パソコンとカラーコピー機の間に、今では珍しい和文タイプライターがある。開業して27年間、今も立派に現役で働いてくれている。私にとっては、古き良き友みたいなものである。 昭和59年の1月に晴れ …

「茶の正月」小林 八重子

望に満ちた2011年をお迎えのこととお慶び申し上げます。 新年=お正月の常識からすれば少し外れているかもしれませんが、「お茶の世界」の「お正月」に触れてみたいと思います。2010年の立冬は11月7日でした。開炉の時期は立 …

「つかのまの極楽気分」明日田 真奈

先日大阪市内の某ホテルに泊まってきた。ライオンがマークの国内では老舗のホテルである。兄の娘である姪っ子の婚礼のため出かけたのであるが、私にとっては初めての大阪である。挙式が午前から始まる場合は前夜から会場に泊まっていた方 …

「大きな人」北村 資暁

人と人が集まって組織を作って「大きな人」となり、一人では出来ないことをする。 大勢の良識ある人々が集まっているはずですから、世間から一定の期待が寄せられています。しかし実際にはそれだけではなく、たくさんの個性が一同に 会 …

「我が青春のリヨン」伊東 弘樹

今年の夏、NHKの『世界遺産―フランス縦断の旅』でリヨンが紹介されておりました。 リヨンは、ローヌ川とソーヌ川に面した古代ローマ時代からつづく歴史のある古い都市で、フランスではパリに次ぐ第2の都市です。 また、リヨンは世 …

「恵比須“様”と恵比須“紙“」石川 秀行

「恵比須紙」・・聞いた事ありますか?本や雑誌の裁断時に紙の隅が内側に折れ込んだまま裁断されてしまい、三角状の裁ち残しのある紙のことを言います。普通は、“裁断ミス”と言うことになるのですが、最近の裁断技術の向上の為か滅多に …

「ジャズへの想い」山口 敏史

先日、ラジオで函館はジャズの似合う街だということを話しているのを耳にしました。このコーナーは、題材に縛られずに自由に書いてよいということで、丁度またジャズを聴き始めていたのでそれについて書きます。「また」と書いたのは、数 …

「花に癒されて」澤村 洋子

みなさんの癒しグッズはなんでしょうか?さまざまな趣味、または娯楽である方もいらっしゃるでしょう。 私の場合、一つは飼い犬のチェリー(ラブラドール・レトリバーの雌6歳)と触れ合うこと、もう一つは鉢花育てです。今日はその花に …

「心に残る出会い」山口 英明

昨年の3月ですが、所属している函館地方法人会青年部会の特別講演会の講師として、日本骨髄バンクを立ち上げた、大谷貴子さんをお招きしました。 「必ず心揺さぶられる話が聞ける!」という噂でしたが、まったくその通りで、心から感動 …

「ようこそ癒しの森へ」久末 示

「森林浴」がん抑制効果にお墨付き 森林浴の効用は、白血球の一種で、がん細胞を攻撃する血液中のNK(ナチュラルキラー)細胞の働きが森林浴で高まることが10月13日林野庁と日本医科大などの実験で分かった。 これまでにストレス …