北海道 行政書士会 函館支部

マスコットキャラクター
「たくまくん」

「新年のご挨拶」支部長 嶋田 不二雄

新年あけましておめでとうございます。
会員の皆様におかれましては、新春を清々しいお気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
早いもので私が昨年5月の定時総会で、小林八重子先生のあとを受けて支部長を拝命してから8ヶ月が経過しました。この間、支部役員や会員の皆様の多大なるご協力とご支援により何とか大過なく支部運営を行ってまいりました。
9月には初めて南かやべ地区で第18回市民講座を開催し、併せて行った無料相談会も含めて盛況のうちに幕を閉じることができました。10月には広報月間キャンペーンが行われ、渡島檜山管内全市町村の自治体、農業委員会、警察署、商工会などを表敬訪問し行政書士制度の周知と監察活動を実施しました。また、11月には今年で設立して23年を迎える函館地区士業連絡協議会の無料相談会に五士業団体の一つとして参加しました。研修会も会員の皆様のご要望と法改正に合わせてタイムリーな内容で実施するように努めてまいりました。
まだまだ、至らぬ点が多々ございますが、会員の皆様のご意見を広く拝聴しつつ今年も支部運営を行っていく所存です。何卒ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
さて、今年は函館支部が創立されて60周年を迎える記念すべき年となります。先だって行われた臨時総会における承認を経て、現在定時総会と同日に行われる記念式典・祝賀会の準備を役員一同とボランティアスタッフが一丸となって取り組んでいる最中です。
10年前の50周年記念式典では数多くのご来賓と会員の皆様のご参列を賜り、盛会のうちに終えることができました。今年の60周年記念式典も皆様の記憶に残るような充実した内容になるように知恵を絞ってまいります。どうかご理解、ご助力のほどお願いいたします。
話は変わりますが、昨年11月に『行政書士法の一部改正法案』が両院において全会一致で可決、成立しました。公布から1年6か月後の施行となり、それに伴って北海道行政書士会会則や施行規則も変更するため、その準備に入ります。改正された行政書士法の条文や主旨については皆様既にご承知おきのことと思いますが、やはりコンプライアンス
・法令遵守の強化が謳われているように感じました。残念ながら北海道会を含む、行政書士会全体を見回しても不適切な事案の発生は皆無ではありません。我々は法律を生業とするプロとしての自覚を常に持ち、倫理綱領にもあるように『使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える』行政書士でなければならないと心に刻む次第です。
最後に函館支部会員の皆様の益々のご発展とご健勝を心より祈念し、結びの言葉とさせていただきたく存じます。本年もよろしくお願いいたします。

投稿日:2020年1月6日